花蓮市内から車で20分!おみやげも買えて涼める「七星柴魚博物館」

台湾

こんにちは、台湾在住のぶる(@burublog)です。

本日は花蓮市内から、車で20分で行けちゃう!

七星柴魚博物館こと、かつお節博物館を紹介します。

花蓮は海に面していることもあり、海鮮が有名。
花蓮への旅行の際は、オイシイかつお節もチェックしておきましょう!

・博物館の様子
・観光にかかる時間
・来館にオススメの時間帯
・基本情報
ぶる
ぶる

こんなことがわかる記事になってます。

スポンサーリンク

職人の手によって、ていねいに作られたかつお節が買える博物館

花蓮市内から車で約20分のところに、七星柴魚博物館はあります!

しかも!駐車料金は無料!
入場料も無料です!
(大事)

花蓮は空気がキレイで、空がめちゃくちゃ青いです。

すがすがしい~

ちなみに花蓮では、マンボーが食べられるみたいです。

わたしが見たところ、かつお節博物館とマンボーは特に関係はなさそうです(笑)
(マンボーの商品とかなかった気がする)

こちらが入口。

クーラーがきいているので、助かる~。

夏の花蓮はめちゃくちゃ暑いです。

館内に一歩足を踏み入れたとたん、香ばしいかつお節の香りがいっぱいに広がります。

ぶる
ぶる

めっちゃ食欲そそる香り!かいでるだけでオイシイ(笑)

1階から3階まで、見て回れるようです。

コロナ禍のためか、2021年8月時点では3階は解放されていませんでした。

1階には、おさかなの種類を学べる展示があります。

生きているおさかなもいました。

館内はキレイで、おさかなもいるので親子で来るのにもいいかも。

普段はなかなか見ることのできない、かつお節が袋に詰められる様子も、見ることができます。

2階はおさかなが、かつお節になるまでを学ぶことができます。

イラストがかわいい。

30分あれば、ぜんぜん回れちゃうミニ博物館でした。

外にはレストランもありました。

ちょっとお高めですが、ここでお昼ごはんでもいいかも。

メニューも普通においしそう。

あとは、たこ焼きつくり体験もできるみたいです!

日本人にとっては、そこまで「やりたいっ!」ってならないけどw
台湾の人からすると、おもしろいのかも。

わたしたちは時間が合わなかったので、やりませんでした。

かつお節を使った、種類豊富なおみやげ館

別館には、かつお節を用いたおみやげ館があります。

店内はなかなか広く、種類も豊富。

かつお節は日本人にとってもなじみがあるので、おみやげとして買うにもピッタリ。

安定のかつお節。

一般的に考えると試食がありそうですが、コロナのせいか試食ができないのが残念。

一般的なスーパーではあまりなじみのない、マグロのかつお節。

ちょっと酸味が強くて、だしをとると上品なのにパンチがあるだしなんだって。

かつお節を使ったお醤油もあります。

自分で削って、削りたてのかつお節を楽しめるタイプも。

削りたてはきっと香りがぜんぜん違うんだろうなあ。

花蓮限定のスイカアイスがあったので、食べてみました。

ほどよいスイカの甘さと塩が合わさって、まろやかな味に仕上がってます。

ぶる
ぶる

花蓮限定なんだって!

スイカをそのまま固めたような味なので、ガリガリ君とかを想像している人は物足りなく感じるかも。

七星柴魚博物館でおみやげ買い忘れたけど、やっぱりほしい!

博物館で買い忘れたけど、やっぱり買っておきたいって人も大丈夫!

市内のおみやげストリートにも、おみやげだけ売っているお店があるのでご安心を!

台湾国内なら、ネットで購入することも可能です。(ネットで購入はこちら

住所:地址:花蓮市中華路 98 號
電話番号:03-8352033
営業時間:9:00-22:00

まとめ

花蓮の海の幸を楽しめる、七星柴魚博物館。

かつお節は日本人へのお土産にぴったり♪

【観光ポイント】
〇観光に必要な時間:1時間
〇観光時間帯:午前中~午後
(外が暑い時間帯がオススメ)
〇入場料:無料
〇駐車場:無料
【七星柴魚博物館 基礎情報】
住所:花蓮縣新城鄉大漢村七星街148號
電話番号:03-8236100
営業時間:8:30~ 17:30(毎週水曜日は休館)
公式HP:https://www.katsuo.com.tw/index.php
タイトルとURLをコピーしました