【国際夫婦が考える】国際遠距離恋愛の連絡頻度について

国際恋愛

こんにちは、ぶる(@burublog)です。

皆さん、国際恋愛してますか!?

国際恋愛と言えば、どうしても付きまとうのが遠距離恋愛。
遠距離になって会えない分、連絡ってすごく重要ですよね・・。

他のカップルどれくらい連絡とってるの!?
彼からの連絡が少ないっぽいけど、なんで?
本当はもっと彼と連絡を取りたいけれど、どうしたらいいかわからない・・

そんな疑問にお答えする記事です👼

この記事を書いている人はこんな人
■日本と台湾で5年間国際遠距離恋愛
■遠距離恋愛5年間を経て、2020年台湾で婚姻成立
■わたしも彼も、ほぼ遠距離恋愛未経験でした、でも頑張れたよ!

それでは、いってみましょう!

スポンサーリンク

遠距離→結婚したカップルの連絡頻度は【毎日】

わたしたちは遠距離恋愛時代、LINE、電話ともに毎日してました。
周りの友達からもよくそんなに連絡続くね、と言われていたので普通のカップルより少し多めかもしれません。

LINE

実際に「恋愛の科学」というAPPを使って、LINEのやり取り頻度を調べてみたところ・・

なんと1日に、平均130回のやり取りをしているとの結果が・・!
我ながら驚きました(笑)

電話

LINE以外にわたしたちは毎晩寝る前に5分くらい電話をしていました。

ちなみに、電話の時間は固定すると習慣しやすいです。
通話時間や内容はあまり気にせず、とりあえず電話しとく、くらいの気持ちでOKです。

彼の声をきくと、安心できますし、
話したい、と思えば話しかけられることが一緒にいる感覚にちょっと似ていて、幸せです。

話すことはなんでもいい

よく、聞かれるのが一体何を話しているのか?ということ。
正直なんでもいいです。

わたしたちは動物がすきなので、動物ネタは盛り上がりやすいです。
なので、道端で見かけた犬の写真を撮って送ってたりしてました。

カップル間で好きなネタで話して盛り上がればOKです^^

遠距離恋愛中の連絡頻度はこんな感じ
LINE:毎日130回やり取り
電話::大体決まった時間に5分くらい電話
内容:なんでもよい、そこらへんの犬の話でもOK

こんなに連絡頻度が高いのは「彼がマメな男だからでしょう!」なんて思っていませんか?
実は彼は、付き合い当初2、3日に1回LINEが返ってくれば、かなりいい方な人でした。

それでは、なんで彼がそもそも返信をくれなかったのか、彼がどうやってここまで連絡をできるようになったのかについて話していきたいと思います。

なんで彼が返信をくれないのか?

連絡が欲しいのに、彼がなかなか返信をくれないともやもやしますよね。
その気持ち、すっごくわかります。
男性が返信をしない理由について、経験をもとに考えてみます。

仕事がほんとうに忙しい

ほんとうに仕事が忙しい時は、LINEの返事がほぼ1日返ってきません。
LINE電話にも出ません。

男性いわく、仕事に集中してついつい時間を忘れてしまうんだそう。

ほっと一息ついた夜頃に「ごめん忙しくて連絡できてなかった」と一言連絡が来ることが多いです。

ケンカをして返信をしたくない

数日前にケンカをしていませんか?

ケンカをして、彼の中でちゃんと消化ができていないと、楽しい会話をする気がおきず返信しないということがあります。

気を付けたいのは、あなたの中では既におわった!と思っているケンカでも、彼にとっては終わってない可能性があることです。

少し時間をおいて、仲直りのための話し合いをしましょう。

まだ人に連絡を頻繁に返すことに慣れていない

わたしが付き合い当初の彼に言われた言葉です。

普段から友人と頻繁に連絡をとらない系の男性に多いと思われます。
友人からのLINEを数日放置してから返信していたり、
彼のLINE未読数が50を超えてくると連絡とらない系の男性かもしれません。

少しずつ連絡頻度が上がってきますので、我慢強く待ってあげましょう。

【最悪】気持ちが離れている

こちらはかなり厳しい話になりますが、最悪あなたから気持ちが離れていることも考えられます。

特に、もともとマメに連絡をくれていたのに、段々と連絡頻度が減った場合は要注意です。
なぜなら、1日の中で彼があなたに割く時間が少なくなっているからです。

こういった場合は、2人の関係を話し合う場を設けることが必要でしょう。

連絡頻度を増やすためにできること

国際遠距離恋愛カップルの連絡頻度が多いことがわかったけど、
でも、彼からの連絡頻度は少なくて、
どうしたいいの?とお悩みの方へ。

連絡が苦手だった彼を、
わたしがどう攻略して1日130通のLINEを交わすようになったのかをお伝えします。

共通の話題を作る

彼が好きな映画や趣味について、簡単に調べて話題を振ってみましょう
もともと人は自分のことを話したい、という欲求があります

きっと喜んで話してくれるでしょう

他にも、将来の話、子供時代の話、2人が出会った当時の話をすると2,3時間は盛り上がって止まらなくなりますよ(笑)

こちらもよかったらどうぞ
>>国際遠距離恋愛、話す話題がなくなった!?使える話題10選紹介

連絡がほしいと正直に言う

正直に遠距離恋愛で、会えないからせめて連絡は毎日増やしたい。寂しい。と素直に伝えましょう。

何で連絡くれないのよ!とか、お前のせいだ!とかそういう態度ではなく、
連絡がなくて、とてもさびしい気分になった、かなしい気分になったということを主張してください。

そうすると、彼は自分の行動があなたを悲しませてしまったと気づきます
きっと、少しずつ連絡頻度が増えていくと思います。

わたしたちはこの方法で連絡頻度を徐々に増やす事に成功しました。

ちなみに、もし彼が話し合いに耳を貸さない場合

こちらは深刻です。

連絡について、話し合いに明らかに耳を貸さない、スルーされる場合は注意が必要です。

国際遠距離恋愛、その先の結婚に進むためには様々な壁があります。
それは仕事の問題だったり、
家族の問題、
言語の問題、
移住の問題だったりします。
人生を左右するような簡単に結論を出せないことを、ふたりで話し合って乗り越えなくてはなりません。

そのためには、し合いを何度もして、お互いの意見をすり合わせて方向性を決めていくことが必要不可欠です。
そんな未来が待っているのにも関わらず、話し合いにさえ真面目に取り組んでくれない彼と結婚したら、今後あなたが辛くなるだけです。

厳しい話にはなりますが、彼から離れる事も視野にいれたほうがいいかもしれません。

まとめ

今回は、国際遠距離恋愛の連絡頻度について考えてみました。

結局、連絡頻度って多いからいいってわけではないと思うんですよね。
どちらかが「少なすぎる」「多すぎる」と感じてしまうと、そこからさびしさや不満が生まれるので、バランスが大切だと思います。

今回の内容をまとめると以下の通りです。

彼が連絡をしてこない理由
■仕事がほんとうに忙しい
■ケンカをして返信をしたくない
■まだ人に連絡を返す事に慣れていない
■気持ちが離れている

連絡頻度を増やすためにできること
■共通の話題を増やす
■連絡が欲しいと素直に言う

今コロナウイルスの影響で多くの国際遠距離恋愛カップルたちが半年、1年以上会えておらず今までにない困難に直面していると思います。

このブログではなんどもお伝えしていますが、困難を一緒に乗り越えたカップルほど、絆は深まると思っています。
わたしたちがその1例です。

わたしも遠距離恋愛が辛かったから、みなさんを応援しています。

もし辛くなったら、いつでもTwitter(@burublog)に遊びに来てくださいね。
それでは!

よければ、こちらもどうぞ。
>>国際遠距離恋愛の男性の本音を聞いてみた【日台カップルの場合
>>国際遠距離恋愛におすすめの無料APP【日台カップルの場合】

コメント

  1. […] こんな記事も読まれています>>【国際夫婦が考える】国際遠距離恋愛の連絡頻度について>>国際遠距離恋愛の男性の本音を聞いてみた【日台カップルの場合】>>国際遠距離恋愛におすすめの無料APP【日台カップルの場合】 […]

タイトルとURLをコピーしました