【usbで簡単!】台湾のセブンイレブンで印刷する方法

スポンサーリンク
台湾

こんにちは、ぶる(@burubulog)です。

台湾に住んでいて、印刷する必要が出て来た!日本同様コンビニで印刷できるのではないかと思ったあなた!ご名答です。

台湾のコンビニではプリントや写真を印刷することができます
ちなみに台湾は、世界でも人口に対してコンビニが多いと有名です。(世界TOP2らしいです)

今回はそんな台湾のセブンイレブンの印刷方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

台湾のコンビニで印刷する前に

台湾のコンビニで印刷をする前に、ちょっと待った!
台湾ではコンビニ以外でも印刷所で印刷が安くできるのです。

  1. コンビニ(セブンイレブンやファミリーマート)
  2. 大学周りによくある印刷所

台湾のコンビニでも印刷はできるのですが、大学が近くにあるのならば大学構内か、大学の周りに大体印刷所がありますのでそこで印刷した方が安いです。

私が高雄の中山大学に通っている時に使用していた印刷所は白黒A4で1元でした。
あとで詳しく触れますが、セブンイレブンでは同じ印刷物で3元します。

台湾のセブンイレブンで印刷するにはいくらかかる?

セブンイレブンではA4、A3のサイズに対応しております。
特殊用紙といういい紙?みたいなのもあるみたいです。

セブンイレブンでは、基本の用紙でA4白黒3元、カラー10元、A3白黒4元、カラー20元です。

※ちなみにファミリーマートだとB4サイズも対応できるようです。

台湾のセブンイレブンで印刷をしてみた!

ここからは実際に写真を用いて印刷の手順を見ていきます。

セブンイレブンに入ったらIbonという機械を探しましょう。
日本のローソンでいうLoppi的なやつですね。
大体レジの周りにあります。

画面をタッチすると、メニュー画面が出てくるので赤く囲っている「列印/掃描」のボタンを押しましょう。

中国語メモ
列印( liè yìn/ㄌㄧㄝˋㄧㄣˋ):印刷する
掃描( sǎo miáo/ㄙㄠˇ。ㄇㄧㄠˊ):コピーする(スキャンして印刷)

※こちらのibonは日本語にも変えられることができるみたいです。
便利です。

今回は、資料を印刷したいので「文件列印」を選択します。
写真を印刷したいときは「照片列印」を選択してくださいね。

ここで持ってきたusbの出番です。
まず、こちらでusbのボタンを押し、usbを差し込みます。
選択前に、usbを差し込んでも反応しませんので、ご注意くださいませ~。

説明同意画面が出ますので「同意,繼續下一步」を押します。
ここでは主に、こんなことが書かれています。(わたしの意訳なので参考程度にどうぞ)

  • こちらの機械は Microsoft のdoc,docx,ppt,pptx,xls,xlsx,tet,ini,pdfに対応しています
  • Microsoftオフィス2007バージョン以上を使っている人はpdfに変換してください
  • 特別な文字配列や形式を使っている場合pdfに変換してください
  • 圧縮、暗号化の資料には対応していません
  • 1回の印刷につき、10部まで、99ページまでを印刷できます
  • データの大きさは30MBまで
  • こちらの機械で印刷をしてもデータは残りません、usbなどの抜き忘れにお気を付けください
  • カラー印刷を希望される際は、カラー印刷ボタンを押してください

印刷が始まる前に、わたしのibonでは店員さんに伝えてください、という表示が出ました。
皆さんも印刷が始まらない場合は、店員さんに声をかけましょう。

店員さんは、珈琲を作ったり、レジをしたりで忙しいのにも関わらず店内にはひとりしか店員がいないことがよくあります。

タイミングを見て、店員さんに声をかけましょう!
店員さんがレジ内で操作すると印刷機が作動し、印刷物とレシートがibonから出てきます。

印刷が終わったら、レシートをもってお会計を済ましましょう。
今回わたしはA3のカラー印刷をしたので、20元でした。

他にも、履歴書を印刷したり、写真を印刷したりいろいろできる便利なセブンイレブンのibon!
今後も活用していきたいと思います。

それでは!

よければこちらの記事もどうぞ
>>台中で現金日本円→台湾元を換金する方法紹介【長期滞在者向け】
>>海外在住 誰でもできるお小遣い稼ぎの方法【隔離中にできる】

タイトルとURLをコピーしました